ほうれん草の恵み
ほうれん草の品種
 
 

ほうれん草の品種

ほうれん草には東洋種・西洋種・交雑種などがあります。それぞれに向いている調理方法があります。ここではほうれん草の品種についてお話ししたいと思います。スーパーで買うときや、家庭で育てる場合などの参考にしてください♪

東洋種のほうれん草

特徴

東洋種はアジア原産で、中国から伝わってきました。葉がぎざぎざして根が赤く、甘味があってあく抜きの必要があまりないので、おひたしなど和食に向いています。秋〜冬まき品種というのが東洋種で、冬になると東北地方を中心にたくさん出荷されます。

品種

角種(つのだね)・赤根ほうれん草・日本ほうれん草・次郎丸ほうれん草・禹城(うじょう)・京ほうれん草・寒締めほうれん草

 

西洋種のほうれん草

特徴

昼の時間が長いヨーロッパで品種改良されたもので、小松菜みたいな見た目をしています。春〜夏まき品種というのが西洋種で、夏にたくさん出荷されます。丸みのある葉が特徴で根が白っぽく、あくが強いのでしっかり加熱する必要があります。

品種

ピロフレー・黒葉ミンスターランド

 

交雑種のほうれん草

特徴

東洋種と西洋種の交雑種です。広い範囲の料理に使えるため、人気があります。生で食べられるサラダほうれん草など1年中みかけるようになりました。和食には東洋種に近い剣葉系のものを、洋食には西洋種に近い丸葉系のものを選ぶと良いでしょう。

品種

リードほうれん草・豊葉ほうれん草・アトラスほうれん草・ミンスターほうれん草・スーパー日本ほうれん草・サラダほうれん草