ほうれん草の恵み
ほうれん草と肉類
 
 

ほうれん草と肉類

料理を作るとき、肉類が入っていないと物足りないな〜と感じるときがあります。たんぱく質やビタミンなど、人が生活する上で欠かせない栄養素が含まれていますから、肉類も積極的に使ってみましょう。その分たくさん、ほうれん草を食べれば良いんですよ!

ほうれん草と相性の良い食べ物1:豚肉

豚肉豚肉には、和食・洋食・中華と幅広いメニューがあり、親しみやすい料理が多いイメージがあります。一緒に炒めたり、鍋になったりと結構ほうれん草がたくさん食べられるんですよね。ハムやベーコン、ソーセージも豚肉の加工品ですから、ほうれん草と豚肉の料理ってたくさんあるんですね。

脂っこいイメージがありますが、実はビタミンB1が豊富だったりします。茹でたり焼いたりして脂を落とせば、もっとヘルシーになります。ビタミンB1は集中力を高めたり疲労回復に効果があるんですよ。

 

ほうれん草と相性の良い食べ物2:鶏肉

鶏肉鶏肉を使うと脂身が少なくて子供もお年寄りも食べやすくなります。肉類は苦手だけど鶏肉なら食べられるという人もいますよね。たんぱく質が多く低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

ほうれん草と鶏肉のおかゆなんかは、温かくて胃に負担をかけません。インドカレーやシチュー、中華スープにもよく使われています。鶏肉の特徴は冷めても硬くなりにくいという特徴があるので、煮込んだり和えるのにも合うんですね。

 

ほうれん草と相性の良い食べ物3:牛肉

牛肉ほうれん草と牛肉の組み合わせは、ビビンバやチャプチェといった韓国料理でよく使われています。ごま油や醤油などでたっぷり濃い味のついた牛肉に、ほうれん草・もやし・にんじんなどの野菜がさっぱりと引き締めてくれます。

サラダやサンドもありますが、あの甘辛い存在感が圧倒的なんですよね。コラーゲンや鉄分が豊富なので、肌荒れが気になる人や貧血気味の人はほうれん草と牛肉の組み合わせをどうぞ。

 

ほうれん草と相性の良い食べ物4:ベーコン

ベーコンベーコンはほうれん草の料理で最も使われる肉類ではないでしょうか。カリカリにクラッシュしたベーコンっておいしいですよね。サラダ・パスタ・ソテーなど、ベーコンのじゅわっと油が出たところや焦げた感じが良いんです。クリーム煮や和え物などは焼かずに使いますが、どちらにしても旨みを食べられるのが良いですね。

 

ほうれん草と相性の良い食べ物5:ウインナー

ウインナーウインナーって手軽で肉類でも日持ちがするイメージがあります。日持ちがするものは添加物のせいかもしれませんが、味の種類も品質もいろいろあります。ウインナーには香辛料を使ったものやハーブやほうれん草などを加えたもの、サラミみたいなものもあります。

単品で楽しむこともできるウインナーですが、豚肉やベーコンがないときに代わりに使っても違った味が楽しめます。スープやピザ、パスタなど、ぷちっとした食感が良いですよね。ソーセージにこだわってみるのもいいかもしれませんね!

 

ほうれん草と相性の良い食べ物6:ハム

ハムハムもソーセージ同様、手軽なイメージがあります。実際には豚肉を燻製したもので贈り物になるほどおいしい食べ物なんですね。どちらかというとハムは、ベーコンやソーセージよりたんぱくでやさしい味がします。最近は大豆でできたハムもあるので、肉類が苦手な人にもおすすめです。パスタやサラダ・トースト・スープなどにどうぞ。

 

ほうれん草と相性の良い食べ物7:レバー

レバー鶏や牛・豚など獣類の肝臓をレバーといいます。レバーにはビタミンA・ビタミンB群・葉酸・鉄分などが含まれています。何だかほうれん草の栄養と似ていますね。

食感やにおいによって好みが分かれますが、牛乳につけて臭みを消せば結構食べられます。貧血気味の人、妊娠中の女性や赤ちゃんの離乳食におすすめです。